病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、子育て、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

病院勤務のおっさん

Amazon Audibleの無料登録をするべき理由【これからの読書の形】

Amazon Audibleの無料登録をしました。松本人志と高須光聖の『放送室』が無料で聴けるというのがメインの目的です。ただ、読まずに聴く『本』というのも、一度体感してみたかったので登録しました。

 

本を年50冊読む私、バカパパがレビューさせていただきます。

 

 

Amazon Audible(アマゾンオーディブル)とは

Amazon Audibleとは、簡単にいうと、本を朗読してくれて、聴いて本を楽しむという最先端のアプリ。「聴く本」。オーディオブック。


スマホやタブレット、PCで聴くことができ、家で寝る前に、散歩をしながら、満員電車の中でなどなど、様々なシーンで本を聴くことが可能。

 

本は好きだけど、なかなか本を読む時間がとれない私(バカパパと申します)、今なら無料でAmazon Audible試せるキャンペーン中なので、さっそく登録してみた。

 

(天下のAmazonが運営しているので安心して登録できます。)

f:id:potupapa:20200410201701p:plain

Amazonのアカウントを持っていれば登録はとっても簡単です。

ぱぱぱっと登録完了。

 

f:id:potupapa:20200410201853p:plain

無料登録は間違いなくお得です。

そんでAmazon Audibleのアプリをインストール。サイト上で詳しく説明してるのでインストールも楽ちん。

 

f:id:potupapa:20200410202005p:plain

アプリ内にはブックリストが。オーディオブックの豊富さに圧倒される。

Amazon Audibleを使った感想

 

当たり前だが、この世のすべての本が聴けるわけではない。40万冊以上の中から本を選択し、聴く。様々なジャンルの本があり、ナレーターも一流の俳優や声優などをキャスティングしているため、豪華な印象を受けるし、聞きづらいということはなさそう。

 

f:id:potupapa:20200410205241p:plain

小説はもちろん、ラノベ、洋書、ビジネス書などジャンルは多岐にわたる。

 

今回の無料登録では、1冊無料ダウンロードでき、30日間楽しめる。(それ以降は月1,500円発生します。)

 

www.amazon.co.jp

 

 

ただ、正直、小説好きな僕(年間50冊近く読む)ですが、小説を聴く…というのがどうかなあ、違和感を感じるんじゃないかなあ、なんてのが正直なところ。

 

気に入らなかったら即時にやめようっと。

 

なんて思いつつリッスンスタート。

 

僕が選んだのは「ファーストラヴ(島本理生)」という小説で、ナレーターは松井玲奈。豪華!

 

f:id:potupapa:20200410202807p:plain

9時間43分の超ボリューム。

ふむふむ。ふむふむ。と、じっくり聴きましたが…

 

ナレーターが感情をこめて朗読してくれるので、物語の抑揚とマッチして、こちらも楽しんで聴ける。

 

感情移入しやすく、聞きやすいし、何より僕が松井玲奈さんのファン。電車の中とか、スマホをいじれない時でも読書をできるからとても良い。 

 

そして、寝る前に聴くとクッソ眠くなる…! まだ起きていたい…まだ聴きたいのに…ぐうぐうぐうぐう……と寝てしまうなんて、なんて幸せなことだろうか。

 

ついでに散歩しながら聞いたら、散歩中は小説の内容がなかなか入ってきませんでした…。サッカーしながら野球はできないように、散歩しながら読書はできないなあ。器用な人ならできるかも。複雑な内容の小説は散歩向きではないですね。

 

でもゆる〜い本などもあるので、散歩中のBGM代わりに試してみる価値はありますね!

 

あと、登録すればなんと「松本人志と高須光聖の放送室」も聴ける。これ地味に嬉しい。小説よりこっちを聞いてる。

 

f:id:potupapa:20200410205725p:plain

 

Amazon.co.jp: 本は、聴こう。ボイスブックのサービスAudible(オーディブル)で新たな読書体験: 本

まとめ


今なら無料キャンペーンやをやっているので、ちょっとお試しでやってみてください!

 

1冊無料でもらえるのは大盤振る舞いだと思います。ビジネス本などもあるので、一度チェックしてみてくださいね!

 

最初はとっつきづらさはあるものの、数分聴いてみると良さを実感できますよ!

 

www.potupapa.info

www.potupapa.info

 

www.potupapa.info