病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

KEECOONとはどこの国のメーカーなのか【調べた結果…】

f:id:potupapa:20200517133646j:plain


どうも、バカパパです。新型コロナウイルスが流行してるので、次亜塩素酸水を加湿器に混ぜて使用して感染予防したいなあ、と思い購入したKEECOONの加湿器。

 

 ▼画像クリックでAmazonの説明ページへ。

威力も十分、価格もリーズナブル(25,000円)で、かなり気に入っているのですが、いったいぜんたいKEECOONってなんなの?どこの国のメーカーなの?気になったので調査してみました。

 

 

公式サイトは?

 

まず、【KEECOON】の公式サイトをGoogle先生で調べた結果、まあ出てこない。SEO対策が甘いのか、と思って検索順位の深いところまで見たり、キーワードを変えたりしてもまったく出てこない。

 

多分、「KEECOON」としての公式サイトはないと思われる。この時点で大きな会社ではないな、と。

 

そこで、他に調べている人がいないかどうか調べると、みないち様に「正体不明」な結果となっている。そもそも調べている人がすくないというのもあるけど。

 

説明書の日本語がカタコト

 

f:id:potupapa:20200511184052j:plain

Amazonで販売している海外の家電メーカーの説明書は日本語がカタコトな場合が多いので、これだけで不安視はしなくてよいと思います。まあ、「made in JAPAN」を謳っておきながらカタコトだと不安しかありませんがね。

 

説明書の内容はきっちりしたもので、カタコトながらわかりやすい印象を受けました。

 

ちなみに、keecoon加湿器のダンボールには「made in China」の文字がっ。中国のメーカーかな?

f:id:potupapa:20200511184109j:plain


 

サポートは?

 

保障などに不安を持つ方もいると思います。取り扱い説明書の裏にきっちり相談窓口の案内があります。知人が、KEECOONの商品購入後ちょっとした不具合があり、問い合わせをしたところきちっと対応してもらったようです。しかもスピーディに。

 

この辺は評価できると思います。

まとめ

 

僕の個人的な見解になりますが、おそらく、中国のメーカーかと推測しております。

 

僕のKEECOONに対する印象は下記に記載します。

 

・商品自体は気に入っている。
・コスパに優れている。
・サポートもきっちりしてくれている模様。
・説明書のカタコト日本語は許せるレベル。
・公式サイトがない(見つからない)のは残念。

 

まあ、商品とサポートがしっかりしており、価格も安いから僕は好印象です。

家電関係のメーカーはペライチで良いので公式サイトはあってほしいなあ、なんて思いました。

今回の記事は以上になります。

最後までよんでいただきありがとうございました!バカパパでした!

 

▼ポイントアップキャンペーン

▼画像タップで詳しく 

▼バカパパが購入したKEECOON加湿器