病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、子育て、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

病院勤務のおっさん

病院にお金を支払わないとどうなる?【診療費未納について】

f:id:potupapa:20200524145235j:plain

病院職員・バカパパです。すっごくお堅い部署「総務部」で医師会なんかとやりとりしています。医師会の人らはひとりひとり会うと気さくな方が多いのですが、会議になるとまじでお堅い。疲れます。

 

さて、今回の記事では、病院で治療を受けて料金(診療費)を払わないでおくとどうなるの?という疑問にお答えします。もちろん病院ごとにやり方は違うと思いますが、ほとんど同じような感じだと思います。

 

病院もお金がないと運営できないし、入院費を借りてきてまでお支払いする患者さんもいますから、特別扱いなんてなしに、全力で回収してきます。「病院だから大丈夫っしょ」なんて思ったら痛い目見ちゃいますからね、気を付けましょう!

 

診察してもらえない

 

診察費の未納があると、支払うまで一切の診察をしてくれない場合があります。

 

(まあさすがに絶句するほどの大ケガなら診てくれると思いますが…。)

 

いつもの受診やいつもの薬は出してくれず、先生も診てくれない状態になります。

 

病院なのにそんなことしていいの?なんて思われるかもしれませんが、ただ働きはしませんよ。お医者さんはケチが多いし。

 

どうしてもお金のない場合は、「分割で支払いをお願いしたい」などとお願いしてみるのも手だと思います。

 

あまりにも堂々と未納を行うと強制措置で出禁を食らいます。

 

 

弁護士から連絡がくる

 

大きい病院では未納患者にはすぐに弁護士を立てて連絡がいくそうです。小規模の病院だと少額訴訟はむしろ損することになるので、弁護士は立てないと思われますが、病院は横のつながりも多いので、各方面に「未納」ということが伝わってしまうかもしれません。

 

緊急事態の場合に見てもらえないかも…

 

オオカミ少年のように、本当にピンチの時に診察を断られる場合があるので、未納を放置するのはやめましょう。

 

支払いが遅れてしまう場合もあると思いますが、そういった場合はできるだけ速やかにお金を支払いましょう。いつ支払うかも病院に伝えといた方が良いです。

 

僕は病院で働き始めけっこう日が経ちますが、お金に関していえばどこのお店、どこの会社と一緒です。病院だから、体の調子が悪いからお金が払えない、というのは一切通用しません。

 

前述したように、借金してまで支払う方がいる以上、病院はいかなる患者さんも、特別扱いすることはありません。

 

レストラン、洋服屋、コンビニ、家賃と同じように、診察費もしっかり支払う必要があります。

 

まとめ

 

病気やケガを治すための対価ですので、お金はやっぱり必要ですね。

 

急な入院などで困らないよう、生命保険などに加入するのも一つの手かもしれません。

 

まあ、ケガや病気にならないことがベストですがね。

 

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうござました!バカパパでした!