病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、子育て、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

病院勤務のおっさん

禁パチ中の人がパチンコ屋に入らない方が良い理由【トイレもダメ】

▼期間限定無料&500Pももらえる!▼

f:id:potupapa:20200423195725p:plain

 

この記事は重度のパチンコ依存症の方とそのご家族様に向けて執筆しました。それ以外の方が読んでも意味のない内容かもしれませんが、依存症問題をご理解いただくために読んでくれると嬉しいです。

 

パチンコ依存症で嘆き、苦しみ、泣いている方。僕もその道を通りました。僕らにはパチンコは向いていないんですよ。一緒に頑張りましょう。やめるとビックリするくらい楽ですよ。

 

さて、今回の記事はパチンコやめて1〜2週間程度経過した方に特に読んでいただきたい記事になっています。

 

2週間も経過すると、「なんだ、パチンコやめんの簡単じゃん」なんて思いが出てくると思います。

 

パチンコ屋でトイレを借りるべきではない

 

そんな生活の中、例えば道端で若干の尿意を催したとしても、パチ屋にトイレを借りることはするべきではないですよ。

 

タバコが吸いたいなあ、なんて思ってパチ屋にタバコを吸いに行くべきじゃないんですよ。

 

あんなに嘆いて、悔しくて、悲しくて、人を騙したり、裏切ったりして、大変な思いをして、ようやっと禁パチ2週間経過したのに、どうして見えている地雷を踏もうとするのか。

 

余裕を感じてしまい、過去自分が感じた心の荒みを一切忘れてしまっている。自分がいかに愚かな行為をしていたか、忘れてしまっている。

 

しっかり覚えていないと。自分の過去の愚行を。千円をゴミの様に扱っていたことを。

 

www.potupapa.info

パチンコに対して無力ということを知るべき

 

僕含めて、我々依存症の人はパチンコ・パチスロに対して無力なんですよ。力無く、か弱い。だから負けた。僕は20年間で500万円以上負けた。500万円あればゆとりある生活を送れていた。ほんとうに悲しいが事実。

 

「このままじゃダメになる!」と苦しい思いをしてやめた2週間という時間をもっと大切に思った方が良い。これからの2週間もまた波は荒いですが、大丈夫、徐々に徐々に波はゆるやかになり、パチンコに対して気が向かなくなる。

 

気が向かなくなった僕でも、過去のクソな自分をしっかりと記憶しているので、パチンコ屋には無意識に近づかなくなっているし、パチの情報は遮断している。いっさい。

 

やりすぎくらいがちょうどいい。だって、本当にバカで愚かでクズだったからね。500万円ですよ?年収以上を使っちゃう遊びってあります?上限なく使っちゃうほど、脳が故障しているんです。

 

パチンコするつもりはなくてもパチ屋には入らないこと。お金を持っていなくても入らないこと。これは本当に重要です。

 

だって…

 

僕はそれを行って、一度盛大にスリップして痛い目に遭ったからね。

 

僕もひとのこと言えないが、スリップなんて何度もするもんじゃない。SNSやブログでスリップ報告を繰り返す人がいるけど、何回も繰り返すようなら依存症治療を行ってくれる病院や自助グループに行った方がよい。何回も何回も繰り返してしまうと、もう自力では難しいのではないかと思う

 

次パチンコやったら病院に行きます

 

僕も次もしスリップしたら、自力でやめるのは無理と判断し、ブログを閉じて病院へ行く。

 

スリップを重たく受け入れることが必要。

 

ただ、スリップして死にたくなるとかはだめですよ。スリップして、嘆き悲しんだら、しっかりと前を向くこと。そして自助グループや病院に行くことも検討するようにしてください。何事も無駄にしてはいけないですよ。

 

パチンコやめると楽ですよぉぉ(俺)。今苦しんでる方、はやく楽になれるよう願います。

 

www.potupapa.info

今回の記事は以上になります。

 

みなさんの禁パチライフのお役に立てるかもしれない記事がほかにもありますので、合わせて読んでくれると嬉しいです!ブックマークとか、フォローしてくれたりすると胸が高鳴ります!!

 

▼僕が悩んでいた頃読んでいたオススメの本です。画像をタップすると詳しい情報を見ることができます。

以上、バカパパでした!