病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

ハゲとギャンブル依存症の関係性

▼僕がめっちゃ共感した漫画です。

f:id:potupapa:20201029190738j:plain

 

どうも、ギャンブル依存症を克服しつつある男、バカパパです。パチンコでいったいいくら使ったんだろうか…。もうわからないや(クズ)。

 

さて、パチンコをやめて思うことは、「ストレスがなくなった」こと。

 

不思議ですよね、パチンコって娯楽のはず。楽しみに、遊びに行くのに、雪だるま式にストレスが溜まっていく。負けるストレス、お金を工面するストレス、人に嘘をつくストレスetc…。

 

その雪だるまに借金がプラスされると目もあてられない。…まあ、それは僕なんだが。

 

お金のストレスは半端じゃない。僕はいろんなストレスを感じてきたけど、金のストレスはランキング上位、強烈ですよね。まあ、僕のブログ見てる人ってギャンブル依存症治療中の人もけっこういるから、そのストレスを「ご存知」な方も多いと思う。

 

パチンコ行かなくなったら、圧倒的にストレスが減った。禁パチ初期は行きたくて苦しかったけど、今の快適さはプライスレス且つノンストレス。

 

禁パチ…というか禁ギャンブルは、育毛にもかなり有効だと思う。まあ、パチンコやったり、他のギャンブルをしてる人にのみ有効な方法だけど。

 

僕は育毛剤とか、頭皮を清潔に保つとか、結構いろいろ育毛に精を出しているのだけど、禁パチもハゲ克服の一因だと思う。

 

このブログを読んでる人はご存知だと思うが、僕は強烈はハゲから、ぎりぎりハゲにぎりぎりハゲから、ハゲということがぎりぎりバレないレベルの頭に復活させた。

 

今も育毛をしている。禁パチで財布にゆとりができたので、よいシャンプーや育毛剤やサプリをちょこちょこ買ってる。

 

禁パチは成長させる、人を、髪を。間違いない。良いことばかりだ。

 

 

「パチンコに負けるストレス」は、今すぐになくせるストレスだから、今すぐに禁パチ禁ギャンブルをおすすめします。