病院職員裏ブログ

元ギャンブル部門の新聞記者(現病院職員)が病院、医療制度、ギャンブル依存症とか、全部綴る。

オカルトだった?ボーダー理論だった?【対談:結局負けてるからどっちでもいいか…】

▼僕がめっちゃ共感した漫画です。

f:id:potupapa:20210313073736j:plain

今回もゴメ郎とのパチンカストークになります。

 

記事本文に入る前に…

 

オカルトとは…


「6の倍数の回転数の時は当たりやすい」「前日ハマり台は連チャンしやすい」など、根拠はなく、占いを信じて立ち回るような打ち方。

 

ボーダー理論とは…


「千円20回の台を1万日打てば必ず勝てる計算になるから、千円20回以上の台を探し出してそれを長時間打ち続ければ確実に勝てる」という考えの数学的な打ち方。

 

ボーダー理論でもクソ負けてる奴ら

 

ゴメ郎(以下:ゴ)「お前はボーダー理論だったんでしょ?それと止め打ちとかもしてたじゃん」

 

バ(以下:バ)「うーん。止め打ちもしてたけど…。でも結局適当打ちかな」

 

適当打ちとは…


なにも考えず、ちょっと打ちたいから適当な台を適当に打つ打ち方。新台にエイッと座ったり、角台だからという理由で台を決める。たまに酔っぱらっている。

 

 

ゴ「まあ、俺もそんなとこかな。開店時はボーダーは守るようにしていたけど、途中でどうでもよくなって適当打ちになってんだよ。ギャンブル依存症の人間は全員そんな感じじゃない?」

 

バ「いや、知り合いの依存症はゴッドしか打たなかったって言ってたよ」

 

ゴ「それはすげえな(笑)。まあ、人それぞれか」

 

バ「僕は一応、オカルトかボーダー理論かと言われたら、ボーダー理論だったかな。僕は占いみたいなのはまったく信じないし、つかパチンコ機械だし」

 

ゴ「俺もボーダー理論かな」

 

バ「まあ、ボーダー理論気取ってても、20年間でクッソ負けたからボーダーでもオカルトでも適当打ちでもなんでもいいや。今禁パチして1年経って思うけど、パチンコに一生懸命立ち回って勝ってますとか言われても、もはや羨ましくもなんともない」

 

ゴ「でも勝ててる人ってほとんどボーダー理論でしょ。さすがにオカルトはすべて運でしかないし。パチプロでオカルトって笑いものじゃないの?」

 

バ「パチンコやってた頃はそう思ってたし、今もそう思う。でも、ボーダー理論の確率ってのもそんなに簡単に収束するもんじゃないよ。結局ボーダーでも運要素が大いに絡むから、時間と金に余裕がある人じゃないと勝てないよ。サラリーマンが少ない小遣いで休日の暇つぶしで打つのではちょっと難しいんじゃないかな」

 

ゴ「まあ、そうだよな。俺もお前も、(どちらかといえば)ボーダー理論派なのに、クッソ負けてるからな。それがなによりの証明かもな」

 

バ「運だよ。パチンコは。ちょっと回る台、設定の高い台打ってもクソ負けるし。そら一万日打ち続ければ勝てるかもしれないけどね

 

ゴ「運っつても、勝ち続けるには超強運が必要だよな」

 

バ「そうだね。じゃなきゃ商売として成立しないよ」

 

ゴ「それに気づくの遅すぎたな」

 

バ「気づくのに1000万円くらいかかったよ…」

 

ゴ「俺、2000万(笑)」